プリザーブドフラワー


生花のメリットは、香りを楽しんだりお花の「命」を直に感じることができるところです。しかしながら、中には反対にそれが苦手に感じる方もいます。香りに敏感であったり、花粉が気になるような方もいらっしゃいますので、場合によっては生花ではなくプリザーブドフラワーの方がオススメしたい方もいます。プリザーブドフラワーの良いところは、香りも花粉も気にならないことです。それに、花の水やりなども不要ですからとても楽。そして、花の美しさが色褪せることなく長く続くことなども挙げられます。取り扱っている会社によって個性的でおしゃれなアレンジメントが多数ありますので、選ぶのがワクワクしてきます。

また、プリザーブドフラワーはお悔やみの場合も送ることができます。お祝い事時のような華やかなカラーは避けて、ホワイトやブルー、薄紫色などでまとめている落ち着いたアレンジメントです。ラッピングなども控えめでぴったりのものが用意されていますので、必要な時はこういったものを選んでみると良いでしょう。

生花とプリザーブドフラワー。どちらにもメリットがありますので、比較して良いと思う方を選んでみてください。どちらもシーンに合わせた素敵な花を送ることができます。

About the author

2017年12月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031