カテゴリー: 未分類

利用方法について


フラワー電報の利用は、取り扱っている会社を選び、申し込みをするところからスタートします。申し込み方法についてですが、こちらは電話やファックス、ネットなど様々。ただし、電話の場合は受付時間が予め決定している場合もありますので、夜遅くでも申し込みが可能なネットやファックスなども一緒に検討してみてください。好きなお花を選んだら、伝えたいメッセージを例文などを参考にしながら決定し、フラワー電報を送りたい相手の住所や名前など必要事項を記載。次に支払方法について選択すればここで終了となります。フラワー電報を送りたい日に届けることができるかどうか、申し込みを決定する前に確認してください。可能であれば問題はありません。

フラワー電報を利用する場合は、取り扱っている会社によっても違いがあるのですが、だいたいお届け日の一か月くらい前からの申し込みが可能となっています。ですから、結婚式が決まっている場合やお誕生日などの場合は、早めに申し込んでも良いでしょう。ただし、キャンセルする場合はキャンセル料も発生しますので、そのあたりのことをよく考えてから判断することをオススメします。キャンセル料については、会社によって異なっています。

プリザーブドフラワー


生花のメリットは、香りを楽しんだりお花の「命」を直に感じることができるところです。しかしながら、中には反対にそれが苦手に感じる方もいます。香りに敏感であったり、花粉が気になるような方もいらっしゃいますので、場合によっては生花ではなくプリザーブドフラワーの方がオススメしたい方もいます。プリザーブドフラワーの良いところは、香りも花粉も気にならないことです。それに、花の水やりなども不要ですからとても楽。そして、花の美しさが色褪せることなく長く続くことなども挙げられます。取り扱っている会社によって個性的でおしゃれなアレンジメントが多数ありますので、選ぶのがワクワクしてきます。

また、プリザーブドフラワーはお悔やみの場合も送ることができます。お祝い事時のような華やかなカラーは避けて、ホワイトやブルー、薄紫色などでまとめている落ち着いたアレンジメントです。ラッピングなども控えめでぴったりのものが用意されていますので、必要な時はこういったものを選んでみると良いでしょう。

生花とプリザーブドフラワー。どちらにもメリットがありますので、比較して良いと思う方を選んでみてください。どちらもシーンに合わせた素敵な花を送ることができます。

花束やアレンジメント


誰かにお花を贈ることはあっても、なかなか自分の為に購入することがないとおっしゃる方もいます。だからこそ、花束をもらうと嬉しく感じるのかもしれません。フラワー電報のお花は、綺麗にまとめられた花束を送るのもオススメです。送り先の相手が好きなカラーが分かる方は、その色をベースに選ぶことができる会社もありますので利用してみるのも良いでしょう。結婚式やお誕生日などの場合は、華やかなカラーのお花を選ぶのがオススメ。また、フラワー電報を取り扱っている会社の中には、スタンドタイプを用意しているところもあります。結婚式やパーティーの際など、より豪華で存在感のあるお花を送りたい方はこちらも良いでしょう。

アレンジメントのメリットは、手間暇を変えずにお花を楽しむことができるところです。男性の方は普段あまりお花を購入する習慣がない方も少なくありません。花瓶が無かったりお花に慣れていなかったりしても、アレンジメントでしたら喜ばれるのではないでしょうか?

気になる金額についてですが、花束もアレンジメントも安いものでしたら3500円くらいから用意できます。またスタンドタイプなど存在感があるものでしたら、20000円くらいで可能なところもあります。

フラワー電報を送ろう


電報は「送る」ではなく、「贈り物」。そんな言葉がぴったりなのは、フラワー電報です。伝えたい気持ちに綺麗なお花を添えて大切な方に送ることができるのが魅力。メッセージを受け取るだけでも嬉しいものですが、お花が一緒に届くことで一気にメッセージが鮮やかなものとなります。誰にとっても、人生にはいくつかの大きなイベントがあります。そんな時、それがあなたの大切な方の出来事ならば、是非「おめでとう!」、「ありがとう!」、「頑張ってね!」、「幸せになってね!」など、溢れる思いがあるもの。フラワー電報であれば、それがしっかりと伝えられます。また、反対に悲しみを伝える為にもフラワー電報はオススメです。

お花が好きな方やお花のお世話が好きな方、苦にならない方でしたら、花束タイプを送ってみてはいかがでしょうか。中には、色をテーマにして作っているところもあります。また、普段あまりお花を購入されない方や、忙しくてお花のお世話が難しい方、花瓶を持っているかどうか不明の方には、アレンジメントを選ぶと良いでしょう。これなら、水を変えるなどの手間暇も不要です。

また、生花の花を送るよりもいつまでも枯れずに、綺麗なままが続くのが嬉しいプリザーブドフラワーもあり、こちらもオススメです。綺麗にラッピングされたプリザーブドフラワーは、鮮やかなまま長く楽しんでもらうことができます。あなたはどんなお花を送りたいですか?当サイトでは、フラワー電報について紹介します。

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930